ダニ捕りロボはイエダニには効かない?ダニの種類を見分けよう!

ダニ捕りロボはイエダニには効かない?ダニの種類を見分けよう!

ダニ被害がなくなった、減った。と好評のダニ捕りロボですが、イエダニにも効果があるのでしょうか?

 

 

屋内ダニの他に、イエダニは被害にあう方も多いようです。

 

 

ここではダニ捕りロボが、イエダニにも効くのかどうかや、あなたの家にどんなダニがいる可能性があるのかを解説していきます。

 

気を付けて!ダニ捕りロボはイエダニには効かない!

 

ダニ捕りロボは、屋内ダニ(ツメダニ、チリダニ)専用です。イエダニには効果がありません。

 

 

民家での被害も多く、その名前から屋内ダニと勘違いされやすいですが、屋外ダニの一種です。

 

我が家にもいる!?イエダニはどこからくるのか

 

イエダニは、主にネズミや鳥に寄生していて、落下したり、宿主が死んだりするとそこから離れて人やペットに付くことがあります。

 

鳥やハムスターを飼っている人は要注意!

 

寄生対象になりやすい鳥やハムスターを飼っている方は、イエダニの被害にあうことが多くなります。

 

 

イエダニは、ダニ捕りロボでは捕獲できないので、鳥、ハムスターに限らずですが、ペットの体やおうちは清潔に保つようにしてあげましょう。

 

屋内でイエダニ以外のダニ捕りロボが効かない注意すべきダニ

 

イエダニ以外に、屋内で注意しなければならないダニに、ヒゼンダニがいます。ヒゼンダニは人や動物の皮膚に寄生して繁殖します。

 

 

疥癬という赤いぶつぶつができ、強い痒みを伴う皮膚病を引き起こし、人からうつることもあるので注意が必要です。

 

ハリネズミを飼っている人は要注意!

 

ハリネズミはヒゼンダニの被害にあうことが多く、ハリネズミの皮膚病の約4割がヒゼンダニによる疥癬です。

 

 

ハリネズミに寄生する種類のヒゼンダニは、人の皮膚で繁殖はできませんが、一時的なかゆみや、アレルギーの原因になることもあります。

 

 

自分もそうですが、かわいいハリネズミちゃんを守るために、飼いはじめや体をかくしぐさが多くみられる時は、病院で検査してもらいましょう。

 

ダニ被害にあったときの見分け方

 

ダニに刺された時は、家の環境や刺されたところの症状を見てダニの種類がわかれば、その対策をすればいいので難しくはありません。

 

 

ですが、見ただけでどんなダニかなんてわかりませんよね…。こちらに参考までに、ダニに刺された時、寄生された時の症状を掲載しておきます。

 

ツメダニ(屋内ダニ) イエダニ ヒゼンダニ

症状:赤いブツブツ 数時間〜2日後に強いかゆみ 
刺される位置:皮膚の柔らかいところ
かゆみ:1週間ほど

症状:赤い斑点や水泡 1~2日後に猛烈なかゆみ
刺される位置:皮膚の柔らかいところ
かゆみ:1週間ほど

症状:様々ですが多いのは広範囲に薄く赤いブツブツ 全くかゆみのない場合から激しいかゆみまで 
寄生する位置:顔以外
かゆみ:治療しなければ治らない

 

必ず上記のような症状が出るわけではないので、被害があった場合は医療機関で診てもらうことをおすすめします。

 

ダニ捕りロボ イエダニまとめ

 

ダニ捕りロボは、一般的に家に発生する、屋内ダニ専用に作られているため、その他のダニには効果がありません。

 

 

そのため、イエダニやヒゼンダニが原因の場合はネズミの駆除や、病院での治療が必要になることもあります。

 

 

ダニ捕りロボを置いたからもう安心!ではなく、原因を見極めそれぞれの対策をしていきましょう。

page top