ダニ捕りロボは赤ちゃんがいても使える?安全性を徹底調査!

ダニ捕りロボは赤ちゃんがいても使える?安全性を徹底調査!

置いておくだけでダニ駆除ができるダニ捕りロボですが、赤ちゃんがいる家庭でも安心して使うことができるのでしょうか?

 

 

布団などのダニが、アレルギーの原因になることもあるので、赤ちゃんや小さな子供がいる方にこそやってほしいダニ対策。

 

 

ここでは、ダニ捕りロボが赤ちゃんにも無害なのか、安全性について解説していきます。

 

ダニ捕りロボは赤ちゃんがいても安心!

 

結論からお伝えすると、ダニ捕りロボは赤ちゃんがいても安心して使うことができます。

 

 

ダニ捕りロボの誘引剤は、化学性殺虫成分を使用しておらず、食品粉末、ビール酵母、食品添加物などの天然由来成分からできています。

 

 

さらにその安全性は国内外の試験によって立証されています。以下がその試験と結果です。

 

試験名 検査内容 結果

急性経口毒性試験
(財団法人日本食品分析センター)

経口(食べる)による健康への障害を調べる試験です。
数値が高いほうがより安全であり、毒性が低いとされています。
(例)LD50-4000mg/kg (食塩)

LD50-5000mg/kg以上

 

(検査No.14066020001−01号)

クローズド・パッチテスト
(株式会社生活科学研究所)

かぶれが発生するかを調べる試験で、試験物質を皮膚につけて24時間後の反応を調べます。

 

(検査No.第02−12-1004号)

無刺激性

 

(検査No.第02−12-1004号)

変異原性試験 Ames試験
(SafePharm Laboratories Ltd(現在は米国Harlan Sprague Dawley, Inc ))

変異原性(遺伝子毒性)や発ガン性を調査する試験です。

特に問題なし

 

(第1538-002号)

 

簡単にみると、

  • 食べても食塩よりも安全
  • 皮膚がかぶれる心配なし
  • 遺伝子への障害や発ガンの心配なし

ということですね。

 

 

ここまで安全性を証明してくれていれば赤ちゃんがいても安心だね!


 

赤ちゃんがいる家庭でダニ捕りロボを使う時の注意点

 

ダニ捕りロボは赤ちゃんがいても安心の商品ですが、注意してもらいたいことが2点あります。

 

ダニ捕りロボにいたずらする

 

ダニ捕りロボは基本的にケースに入れて使いますが、中の誘引剤を取り出して破いてしまう可能性があります。

 

 

安全面では問題なくても、誘引剤がこぼれたら掃除をしなくてはならない上に、新しいものを設置しなおさなくてはなりません。
赤ちゃんが簡単にふれられる位置には設置しないようにしましょう。

 

臭いを嫌がる

 

ダニ捕りロボは、うっすらとハーブのような香りがします。鼻を近づけなければわからない程度ですが、赤ちゃんのベッドなどに置く場合は、布団の裏側などに置くようにしてください。

 

 

どちらの注意点も、布団の裏側など直接ふれない位置に置けば安心ですが、念のため覚えておいてください。

 

ダニ捕りロボ赤ちゃんまとめ

 

ダニ捕りロボは、赤ちゃんがいても使用できることがわかりましたね。

 

 

設置場所だけ少し工夫してもらえば他は特に気にすることもなく、あとは置いておくだけなので、赤ちゃんが痒い思いをしなくていいように、しっかりとダニ対策をしてあげてくださいね。

page top